ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

クロスデバイスの概要

Criteo クロスデバイスを使えば、複数のデバイスに跨るユーザーを正確に一致させることができます。 Criteoのクロスデバイス技術の利点を活かすには、既存のCriteoV3タグにクロスデバイスのパラメーターを追加する 必要があります。

例:ユーザーがモバイルデバイスを使用してWebサイト上の商品をブラウズすると仮定してみます。 Criteoクロスデバイスを利用すれば、後日このユーザーに対しデスクトップで関連バナーを表示することが可能になります。

ユーザーのemailアドレスはクロスデバイスパラメーター内部で送られます。個人識別情報(PII)を保護するには、Criteoサーバーに保管される前に全てのemailアドレスが(MD5アルゴリズムを使用して)ハッシュ化されます。 次にCriteoはユーザーの複数のデバイスを一致させるためこのハッシュ値を使用します。

プライバシー

ユーザーのプライバシー保護はCriteoのクライアントにとって重要な事です。 Criteoは個人データを保存致しません。 弊社がクライアントのプライバシーを保護することを保証するため、Criteoはそのサーバーに顧客のemailアドレスを暗号化して保管するのみです。 暗号化プロセスは反転することができず、常に匿名性が維持されます。

Criteoが個人識別情報(PII)を収集したり直接に処理することはありません。 その代わり、Criteoはペンネーム的な情報を使用してクロスデバイスを備えたユーザーと一致させます。

To guarantee maximum protection, Criteo uses the MD5 hashing method to encrypt the user’s email addresses. MD5 email hashing creates a unique, persistent, identifier that allows Criteo to identify users across the different devices and across different client websites (see above), none of which can be used to identify your customers. Criteo will never store an unhashed email address.
Criteo offers users full transparency through our privacy policy and opt out solutions. In addition to this, we ask our partners to be transparent about our services and methods in their own privacy policy. This means that users can access information about our services at all stages of their navigation and can opt-out of our services at any time.

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています