ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Criteoの学習最適化期間

学習最適化期間に何が期待できるか

キャンペーン開始後最初の10~14日で、Criteoエンジンは学習モードに入り、いつ・どのようにインプレッションがユーザーへ表示されるべきかを決定します。

Criteoエンジンはキャンペーン全体を通じて自動的に最適化を続けますが、この学習時間は特に重要です。開始時のCPC単価は最良のインベントリー(ディスプレイ在庫)を獲得できる程度には競争力のある値に設定してください。CV数への反映には遅れが予想されますので、キャンペーンローンチ直後にはアカウントマネージャーと同意したKPIを超える可能性があります。これは通常の機械学習プロセスです。

最適化後に何が期待できるか

学習期間はインプレッション量とCTRが安定し始めた頃に完了したと見なされます。この時点で、キャンペーンがまだ販売コスト(COS)目標に達していない場合、Criteoダッシュボード内でCPCを調整し、最適化し始めることができます。アカウントストラテジストにご相談いただければ、CPCを変更すべきかどうか、またどのくらい変更すべきかのアドバイスをさせていただきます。

CPCを変更すると、エンジンが新しい入札額に完全に対応するまでに、3日間程度かかります。Criteoエンジンはユーザーがクリックする可能性が最も高い時にインプレッションを表示するようにキャンペーンを最適化します。例えば、一般的に週末にサイトでのボリュームが低下した場合、インプレッションボリュームも低下する可能性があります。 

パブリッシャーのパフォーマンスと最適化

弊社とパブリッシャー(配信媒体)信頼関係を維持するために、広告主様と特定のパブリシャーのパフォーマンスに共有することはできかねます。

Criteoエンジンはユーザーがコンバージョンする可能性が最も高く、広告主にメリットをもたらす広告配信面を都度選択し、最適化します。弊社の配信ネットワークに属する全てのパブリッシャーはファミリーフレンドリーです。また、弊社が最も高品質のインベントリーに確実にアクセスできるように、最大級のアドエクスチェンジに接しております。

インプレッション表示頻度

また、Criteoエンジンはユーザー1人当たりの表示回数を自動的に最適化するので、インプレッション上限を設けておりません。広告主様には、インプレッション数ではなく、クリック分のみお支払い頂いておりますので、広告主様にとってインプレッションの上限がないことは理想的ではないでしょうか。

具体的には、ユーザーのコンバージョン意欲が高いとCriteoエンジンが判断した場合は、そのユーザーへの広告配信頻度を多くします。広告を配信されても、クリックしないユーザーに対しては、広告配信頻度を低くし、毎回クリックしないユーザーには、最終的そのユーザー対する広告配信を停止します。

多くの広告が表示される理由は?

広告主様などは、圧倒的に多く広告が配信されている可能性がございます。上記の状況は、エンジンがそのユーザーをエンゲージメントが非常に高いユーザーとして分類している時に生じます。ただし、最終的に、そのユーザーがインプレッションを無視し、長期間クリックをしなかった場合、エンジンはそのユーザーはコンバージョンする可能性がないと分類し、広告の表示を止めます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています