ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

CriteoのExtended Browser Support (EBS)

iOSユーザーを逃さないために

米国のモバイルコマースの75%近くがiOSデバイス経由で発生しています。 iOSオーディエンスはパフォーマンスマーケターにとって大きな機会となりますが、SafariがサードパーティのCookieをブロックするため、多くの場合見逃されています。

CriteoのExtended Browser Support (EBS)はスマートでシンプルなソリューションを提供します。 EBSを使用すれば、有益なiOSのオーディエンスを獲得し、平均5%のコンバージョン増加が期待できます。結果としてiOSのオーディエンスは他トラフィックに比べ1.75倍利益率が高いと考えられています。

Cookieブロックの解決

オプトアウトのヘッダー/フッターをウェブサイトに一度表示することで、EBS経由でiPhone、iPadおよびmacユーザーへリーチすることが可能になります。 ユーザーはCriteoのファーストパーティCookieをオプトアウトするか、Cookieを受け入れブラウズし続けるかを選ぶことができます。

CriteoのCookieをまだ持たないユーザーのみに、ヘッダーまたはフッターがデバイスにつき一度限定で表示されます。平均で5%のユーザーにのみヘッダーまたはフッターが表示されることになり、実際表示されたユーザーのオプトアウト率は2%未満です。

最小限のユーザーへの露出で最大のリターンを。

平均で5%のユーザーにのみヘッダー/フッターが表示され、それは平均5%のコンバージョン増加を生み出します。

透明性とコントロール

EBSは透明性とコントロールをユーザーに与えることにフォーカスしています。EBSは未購入者には不快感を与えず、ユーザー体験をカスタマイズする明確なチョイスは与えながら、オーディエンス層を拡大します。

iOSユーザーは、価値が高く、増え続けているオンラインのオーディエンスです。EBSを活用することで、ユーザー体験を犠牲にすることなくパフォーマンスマーケティングのプール内にiOSユーザーを獲得することが可能になります。現在、Criteoの広告主様の多くがすでにEBSを使用されています。是非ご導入ください。

 [画像]

導入には担当アカウントストラテジストまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています