ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

フルデバイス化(EOS: Engine Optimized Segments)

 

エンジン最適化セグメントについて

スタティックなカテゴリーおよび購買者セグメントに基づいて値付けするのではなく、Criteoのエンジン最適化セグメンテーションはすべての購買者を一つのプールにまとめることで、エンジンがより効率的に値付けできるようにします。

1プールの購買者と多数の購買者を対比して持つことにより、エンジン自体は各購買者の価値を個別に判断し、重要度が低めと識別された購買者に対しては積極性を抑えた値付けを行い、重要度が高めと識別された購買者に対しては積極性の高い値付けを行います。

この方法は一定の販売高でのCOS(販売のコスト)の改善、一定のCOSでの販売高の改善、あるいはその両方を一貫して実現します。

お客様のCPC付け値を管理することがこの方法の成功の鍵です。 低い付け値では、当社エンジンは最も高いインテントシグナルを持つ購買者のみをターゲットにします。付け値を増やすにつれ、お客様はファンネルのさらに上方にいる購買者にリーチします、ここではお客様はより高いボリュームの販売増分を獲得する側に立つことになります。これらの購買者は取得するためにより費用がかかりますが、彼らをターゲットにすることはお客様の販売高や売上収益を増やすのに役立ちます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています